離れのリフォームをDIYでやる場合にかかるお金を試算してみた

( ´・ω・)o_∠・:*こんてぃゎ

このところ、DIYのことばっかり考えてます。

昨日は夢の中であがりかまちを組み立てる夢をみてました(笑)

習うより慣れよという言葉がありますけど、先人はうまいことおっしゃるものです。

あんまり机上でうんうんうなるようなことをしてると、頭でっかちになって、やったこともないくせに、やったようなつもりで苦しんでるのですから。

しかし、ぼちぼち具体的に動き出す準備をしようと思ってます。

行動するにあたって、だいたいの予算は出しておくべきでしょう。

そこで、工程をあらかた書き出して、作業にかかるお金を割り出してみました。

工程はまだこれからどんどん変わっていくと思いますが、現時点でのおおまかな予算について書いていきます。

6畳の部屋で、土壁むき出しで、土間の部屋です。

離れ

↑この左側の土間物置の部屋を、使えるようにします。

離れをこうしたい壁は漆喰で塗るつもりです。

ここではアイデアを書きまとめる意味で、部屋を作る方向で記事を書いていますが、結局いろんな問題にあたって、土蔵を倉庫として生かすことになりました。
お久しぶりです! 土蔵、きれいになりましたよ!!でも作業に取り掛かる前にいろいろ考えていた自分の紆余曲折、という意味で、ぜひぼくの与太話を楽しんでやってください(笑)

手前1.5畳ほどを三和土にして、あがりかまちを作って、開き戸の位置を一枚ぶん変えて、クッションフロアにします。

これでかかるお金なんですが、材料や必要な電動工具など、全部含めてだいたい8万円ちょっとかかりそうです。

ぎりぎりに切り詰めて、材料も無駄にしないことが前提。なんとか10万円を切った(笑)

たぶん、業者に頼んだらもっとちゃんとしたものを作ってくれるだろうけど、おそらく見積もりは50万円でもたりないでしょう。

ちなみにこの部屋、断熱に関しては捨ててます(;´Д`) 間違いなく、冬めっちゃ寒い。

でもいいんです。メインで起居するのは隣の畳の部屋ですから。

今回DIYする部屋は小規模な工作をしたり、本を読んだり、ギターを弾いたりする多目的室になる予定です。

さて、これがとりあえず素人なりの見積もりです。

実際には、たとえば電気の配線を伸ばしたり、ペンダントライトを交換したり、こまごまとした修繕がほかに必要だったり、単純な見積もりだけではすまないと思います。

とりあえず、金曜日に実際に離れの様子を見る機会があるので、そこから具体的に考えてみたいと思います。

レクタングル大広告




よろしければシェアお願いします!

レクタングル大広告