田舎のゴールデンウィークはにぎやかになる!

(´・∀・)p[☆。・:+こんにちゎ*:+:・゚☆]q

都会にいると、ゴールデンウィークは休日らしいひっそりとした静けさが楽しめることだと思います。みんな仕事が休みで、行楽にでかけたり、家でゆっくりのんびりしたり、買い物にでかけたり。

平日だと仕事をする人でにぎやかな街も、ゴールデンウィークはひっそりします。

ところがこれが田舎になると、むしろゴールデンウィークのほうがにぎやかになるんですよ(*´・ω-)b ネッ!

レクタングル大広告




帰省した家族たちが、畑仕事をしてくれる

ゴールデンウィークになると、なぜにぎやかになるのか。

理由はごくかんたんなものです。

それは、ふだん都会で働いてる家族が帰省してくれるから。

田舎の若い人の多くは都会に出ていきます。そしてたいていは都会で暮らしたまま戻ってくることがありません。

だから田舎では後継者がおらず、廃村になったり、お年寄りばかりになるものです。

しかしそれが長期休暇になると、若い人たちがみんな帰ってくるからにぎやかになるんですね。

それにちょうどゴールデンウィークの時期は田んぼの植え付け作業の最盛期です。

この帰省した家族が、田植えであったり、草刈りであったり、野菜作りであったりを手伝ってくれるからで、ほかの長期休暇よりにぎやかになるのです。

田舎にいる人も、帰省してくれる家族を労働力としてアテにしているところがあるように思えます(笑)

うちでは4月末からあちこちで草刈機のエンジン音、トラクターのうなる音が聞こえてきます。

またうちの上手にある近隣数軒のお墓におまいりする人や、裏の竹林でタケノコを掘る家族などで、実に活発になります。

都会にいたときは、ゴールデンウィークになると町が静かになるものだなと思っていましたが、田舎に住むようになって、都会が静かなぶん田舎がにぎやかになっていたのだ、ということに気づきました。

ほんの数十人、働き手世代の人たちが増えるだけで、田舎はこんなにも活気にあふれるものなのか、と驚きます。

限界集落が、ふっと息を吹き返したように思える瞬間です。

今年はケムシが大発生!

ところで今年は、あの定番の茶色いケムシが大発生してましてね。

道でやたらみかけてキモチワルイんですが、日常生活でニアミスすることもあったりして、驚いたりします。

けむし!!

なんと、倉庫の引き戸の取っ手の部分に、しれっとたたずんでいたのです。

あぶなーい。間一髪、触ってしまうところでしたよ。

このケムシに毒はあるのか

ぼくが子供のころに、友達がこのケムシを触ってかぶれた、という話を聞いていたので、ぼくはこのケムシの毛には毒があると思っていました。

それで、当時はそのまま毒があるということで納得してたんですけど、今回、それじゃあどんな毒があるんだろうと疑問がわいたので、調べてみました。

このケムシ、「クマケムシ」といって、ヒトリガという蛾の幼虫なんだそうです。

世界中で分布しているありふれた種なんですが、なんと毒はないんだそうです。

なんとも毒々しい毛なのに、毒がないなんて。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AC

毛虫そのものの幼虫は、知らない人が見るといかにも毒々しいが、実際には毒はない(食草に含まれたアルカロイドを体内に含有していることがあるので、小鳥のように摂食する分には有毒ではある)。ただし幼虫の柔毛がアレルゲンとなり発疹などを引き起こすことがある。また同じヒトリガ科のヤネホソバなど近縁種の幼虫は、この毛が有毒の毒針毛になっているため、むやみに素手で触れるべきではない。

なるほど。もしかしたら子どもの時の友達は、よく似た別の毒のあるケムシを触ったか、あるいはアレルギーを発症してかぶれたのかもしれません。

ぼくはこの友達の話を信じて、30年以上、クマケムシの毛には毒があると思い込んでいて、小屋の取っ手にクマケムシがいたときも、でかい声で「ぬわっ!!」と声をあげるほど驚いてしまったのでした。

毒がないとわかってからみてみれば、かわいらしいネコジャラシみたいではありませんか。

といっても、触ろうという気にはなれませんが(;^ω^)

ショウブ? アヤメ? カキツバタ?

ところで、うちの勝手口を出た小さな庭には、毎年きれいな花が咲きます。

こんな花。

これはいったい何の花?

これ、実にまぎらわしい花で、ショウブかアヤメかカキツバタのどれかなんですよね。

毎年、「あれ、これショウブやったっけ。アヤメ? カキツバタではなかったような……」というところで悩みます。

で、調べてみると、花の咲く時期でだいたいわかるようです。

アヤメは5月上旬、カキツバタは5月中旬、ショウブは5月中旬から6月下旬に咲くということで、うちに咲いたこの花は、4月末に咲いたので、アヤメということなのでしょう。

そのほかにも、葉っぱの形でみわけることもできるようですが、たぶんぼくのことだから、またすぐに忘れて、来年のこの時期にも「ショウブ? アヤメ? カキツバタ?」って言ってるだろうと思います。

何せぼくは、食べられる植物以外は、目で見て愛でる以外の興味がわかない、花心のないオッサンなので。

レクタングル大広告




よろしければシェアお願いします!

レクタングル大広告