日本海側でタマネギを上手に作るには?

今、直売所で販売している野菜は、葉タマネギ、コマツナ、チンゲンサイです。

これから、カブ、エンドウと続き、しばらくするとズッキーニ、キュウリ、インゲン。

7月になるとオクラと続きます。

今日は葉タマネギの話をしましょう。

レクタングル大広告




葉タマネギは健康に育てないと販売できない

今年はタマネギがことのほかうまくできました。

実をいうと、葉タマネギは毎年、うまくできる年とダメな年があります。

原因をあれこれ探ってみたのですが、うちと同じような状況のよその畑でも、上出来と不出来ははっきりしていて、今年だったからうまくできたのではなくて、やり方によってうまくできたりできなかったりするようです。

日本海側でタマネギを作るのが難しいワケ

タマネギは、11月に定植をしますが、この時期の日本海側は、毎年雨がよく降るようになります。

これはもう仕方ない話で、太平洋側は夏に雨がよく降ったり台風に見舞われたりしますが、日本海側はどちらかというとよく晴れます。

逆に太平洋側は冬になると雨が降らず、日本海側は雨がよく降るようになります。

冬が近づくと徐々に日本の西側の大陸側から季節風が吹くようになるのですが、これが日本海の水蒸気を一緒に巻き込んで、日本の日本海側に上陸します。

冬になると日本海側で大雪になるのは、季節風が北西から東南へと吹いてくるためです。

この冷たく湿った季節風は日本海側で毎年大雪をもたらしますが、山々を抜ける間に乾いた風になっていくわけです。

雪にならない間は雨がふる、というわけで、タマネギをちょうど植え付けたい11月ごろには、毎年当地では雨が切れなくなります。

さらに土が粘土質

日本海側すべてがそうではないんですが、当地では土が粘土質で、雨が降るとねちゃねちゃの粘土になり、ある程度しっかり乾いてくれないと、畑を耕しても「粘土を練る」ような状況になってしまいます。

で、毎年タマネギを定植したいときには、雨で畑をまともに作ることができず、やむなくべちゃべちゃの粘土を無理やり耕した畝に、苗を植え付けていくことになります。

そんな土では当然タマネギも健康に育つことができません。

ご近所さんもタマネギを植える時期の雨には毎年困っていて、かといって8月9月は繁忙期もいいところで、なかなか時間がとれなかったりするんですよね。

タマネギはふかふかに耕した土の上にたっぷり鶏糞を施肥して、穴あきマルチをしたうえで育てるのがベストです。

今年はうまくできた

去年は親父がタマネギを育てたのですが、聞くと例年より早く畝を作って、例年より鶏糞を多く施肥して栽培したとのこと。

おかげで、今年の葉タマネギはいつになくつやつやです。

画像のタマネギは小さく思えるかもしれませんが、大きく育ちそうなものは畑に残しておいて、これから育ててもあまり大きくなってくれなさそうなものを選んでいます。

いわば、そのまま畑に置いて、タマネギにしてしまうのならクズになってしまうようなものも、今の時期の葉タマネギとしてなら、販売することができて、ご馳走にもなる、というわけです。

対策としては

この対策は、うちと同じような状況の畑でしか役立ちませんが、とりあえず備忘録として書いておきます。

うちでは今年は、8月にタマネギとニンニク用の畑づくりをする予定です。

具体的には、まず畑を耕して畝づくり。このときにもう畝に鶏糞をたっぷり施肥しておきます。

そして、この畝に透明ビニールマルチをかけて、放置します。

これによって、夏場の熱でマルチの中が70~80度ほどの高温になり、地表から2cmほどの種が発芽できなくなります。

つまり、除草剤を使わずに除草ができるというわけです。しかもこの透明マルチの除草効果は抜群で、収穫まで除草が必要なくなります。

タマネギの苗はこのビニールマルチを一部剥がして育苗。

10月までに、透明ビニールマルチを穴あきの黒マルチにしていきます。

そして10月初旬にはニンニクの植え付け。11月にはタマネギの植え付け。

これを作業の隙をみながらやっていく、というわけです。

そうすると、11月に耕起作業がないので、雨が切れなくても作業に影響が出ず、健康なタマネギが作れる可能性が増えます。

来年も美味しい葉タマネギが作れるように

つまり当地でタマネギを作る場合は、忙しいうえに暑くて作業効率が下がる8月の間に、どれだけ頑張れるかが決め手になる、というわけですね。

来年も美味しい葉タマネギを食べたいですし、ぜひ消費者にもこの時期にしか味わえない甘くて歯ごたえのよい葉タマネギのおいしさを知ってもらいたい。

それに、うちは山のふもとにあって、葉タマネギはみなさんが出荷するよりも後で上出来になるので、販売的にも有利です。

がんばって上手に作ることを目標に、来年にはたくさん販売できるようにしたいと思っています。

レクタングル大広告




よろしければシェアお願いします!

レクタングル大広告