かぼちゃのつるの仕立て方を調べたものの、別に仕立てなくてもいいとわかって、拍子抜けした件

1万7千円で購入した新しいスマホ。

指紋認証機能がついていたのですが、これがまあ使いやすくてびっくりしてます。

指紋を登録しておけば、次からは立ち上げるとき、ホームボタンにスッと指を乗せればすぐに立ち上がります。

もちろん操作性もスムーズ。

携帯ゲーム機くらいの値段で、これだけ多機能な携帯が手に入るのだから、なんだか不思議な気分になります。

レクタングル大広告




カボチャのつるの仕立て方がむずかしい

今年ぼくは、親づる一本仕立てにする品種のかぼちゃと、子づる3本仕立てにする品種のかぼちゃを育てています。

正直、さっぱり仕立て方がわかりません。

これまで百姓をしていた父にかぼちゃの仕立て方について聞いてみると、

「3枚くらい葉がついたときに親づるを摘んでしまって、それでおしまい」

と言う。

どんな仕立て方をするかぼちゃでも、全部この方法ですませてしまうそうな。

まさか、と思うんですが、毎年それでたくさんかぼちゃがとれるというのだから、それはそれでやり方として間違いではないのでしょう。

ただ、父はつるの仕立て方がしっかりわかっているのかというと、よくわかっていないらしい。

ぼくはというと、いちおう覚えておきたい。

そこで、今年こそはつるの仕立て方を覚えてやろうと思って、かぼちゃを観察してるんですが、いまいち要領をえません。

そこで、今回栽培している品種のひとつ、「つるなしやっこ」について調べてみました。

この種を販売しているタキイ種苗さんの品種カタログにはこう書かれています。

●草姿が一般的な品種とまったく異なり、親づる1本で側枝がほとんどなく、株元の節間が短い。

●親づるは摘芯せず、1本仕立てとする。

http://www.takii.co.jp/CGI/tsk/shohin/shohin.cgi?breed_seq=00000384

……。

……あれ。

親づる1本で側枝がほとんどない?

それで、親づるを摘芯せず1本仕立てにするわけでしょう。

ということは、この品種は、摘芯が必要ないじゃないですか。

あれ、手間が省けちゃったな。

では、もうひとつの、「ほっこり姫」はどうんだろう。

これも、同じく種を販売しているタキイ種苗さんから引用します。

●仕立て方
3本仕立てを基本とし、放任栽培も可能。栽植密度は10a当たり約350~400本が最適。

……。

……放任栽培も可能、ですか。

放任してていいのなら、ぼくのようなナマケモノは、当然放任してしまいますが、いいんですね?

あれ、カボチャの摘芯、必要なくなっちゃったぞ。

ただ、今あれこれ調べてたら、こんなYouTubeの動画がありました。

あー、この動画、ものすごくわかりやすいな。

このように解説してくださる方がいらっしゃるのは、実にありがたいことです。

だいたいこれくらい育ったときに、3本に仕立ててやればいいってことですね。

これなら手間なくやれそうですから、もうしばらく成長したらチャレンジしてみようと思います。

閑話休題

今日のお昼はカレーを作りました。

ぼちぼちうちの畑でとれた野菜で食事がまかなえるようになってきました。

このカレーは、いわゆる市販のカレールウを利用するのではなくて、味付けされていないカレースパイスを利用しています。

これ、大阪のカルディで購入したカレー粉。

スパイスの風味も好みです。

あんまりごちゃごちゃ難しく考えずに、和風の煮物でも洋風の煮物でも、あるいは塩コショウで味付けした肉野菜炒めでも、このカレー粉を足すと、立派にカレーになるのだから便利です。

レクタングル大広告




よろしければシェアお願いします!

レクタングル大広告