豪雨災害の後初めての記事

ブログですが、ずいぶん日があいてしまいました。

先だっての豪雨は各所に大きな被害をもたらしましたが、京都北部のうちも畑の法面が崩壊してしまいました。

うちは法面が崩壊しただけで(といっても重機が必要なほどの被害ではあります)、家にはこれといった問題もなく、日常が取り戻せています。

しかしよそではビニールハウスの中が洪水に見舞われてしまって、野菜がダメになってしまったとか、家中が水浸しになって当面は仕事にならないとか、聞いているだけで胸が苦しくなるような状況が続いています。

ぼくの目下の問題は、ふだん出荷しているスーパーに行くまでの道路ががけ崩れで使えなくなってしまったことです。

今は高速道路が代替道路として無料開放されていますが、今まで通ってた道を大きく迂回することになり、40分で往復できていた配達が、1時間かかるようになってしまいました。

ふだんはのんびり一般道路を走ってるのに、高速道路は何かとせわしなくて、毎朝運転するのに緊張してます(笑)

二週間ほどで道は復旧するらしいんですが、ふだん当たり前だと思っていることが当たり前でなくなることが、こんな一瞬にして起こってしまうのは……言い方がおかしいかもしれませんが、不思議です。

とりあえず、あちこちで大きな災害の爪痕が残っていることを、テレビやラジオ、そして周辺の人たちの話で聞いて胸を痛めていますが、ぼくはぼくでまずは自分のことをやらねばなりません。

レクタングル大広告




よろしければシェアお願いします!

レクタングル大広告