麦茶大量消費の夏!

(´・∀・)p[☆。・:+こんにちゎ*:+:・゚☆]q

今はちょうど8月なんですけど、ひとり暮らしにも関わらず、この時期には麦茶54パックのものが、2~3週間でなくなります。

百姓をしていると、それだけのお茶を飲むということです。

今年は特別暑いので、いつも以上に消費が増えているのかもしれませんが、3リットル入るやかんで一日2回も麦茶をわかします。

2回分を一日で飲み切るわけではないのですが、たぶん4リットル以上毎日飲んでる気がします。

麦茶は水よりも体になじみやすいので、たくさん飲んでも体にさわりが少ないです。

水の場合は、水当たりというか、ものすごく喉が渇いてるのに、水が吸収されなくて、おなかを下してしまうことがあります。

かといって百姓仕事をしている以上、水を飲まずにいるという選択肢はないので、下痢をしながら水を飲んでいると、もう消化管の疲労で動けなくなってしまって、結局仕事ができなくなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

麦茶の場合、たぶん吸収がいいんだと思うんですけど、ひどい下痢になるということがありません。

つまり麦茶の飲み過ぎで下痢を起こしたりしにくいというわけで、夏の発汗で失われやすいミネラルもある程度補給できるし、夏は水を飲むのなら麦茶を飲むという習慣がついてます。

外で百姓仕事をすると、30分もしないうちに汗で服がどぼどぼになります。

汗というのは体の熱を下げるためにあるわけですが、ここまで暑いと機能がバカになるのか、際限なく汗が噴き出したかと思うと、ピタッと止まったりするんですね。

汗が止まると、これはヤバい証拠です。

カラダ自体は、汗が止まるのでちょっと快適なんですよ。ああ、さっぱりしてきたな、とすら思います。でもそれが危険なんですね。

こういうときは、頭で「まだもうちょっと作業できる」と思ってもすぐに切り上げて、ぬるめの麦茶をがぶがぶ飲んで、水シャワーを浴びる方がいいです。

あれはおそらく熱中症一歩手前で、体の機能のどこかがおかしくなった結果、汗が止まるのだろうと思います。

結局汗が止まるまで作業をすると、後で頭がキリキリ痛んだり、ぼんやりして体に力が入らなくなるといった、熱中症特有の症状に悩まされます。

今年はすでにそんな経験を二度ほどしました(笑)

炎天下で1時間ちょっと仕事をすると、こういう症状が出ることがあります。

体が煮えてくるというか、恒温動物はこういうときにはもうどうしようもないです。

猛暑日の野外作業は、だいたい30分ほどで切り上げるのがいいそうで、高校野球なんかは、あれは若いから何とかやっていられるというだけで、ほんとうは日が昇り切る前の早朝と、日が暮れるころあたりから試合をしたほうがいいんだと思いますよ。興行として成立するかどうかは別として、ね。

われわれ百姓は、日中は30分動いたら、日陰で椅子などに座って、麦茶を飲んで、風を受けながら、じっくりと休憩する。

で、クールダウンしたらまた30分動いては休憩。この繰り返し。

できれば昼寝を織り込んだ方がいいですね。

農家さんが夏に昼寝をするのは、何もぐうたらしてるわけじゃありません。気温が上がって、起きているだけで体力を消耗してしまう時間にカラダをじっくり休めておいて、早朝と夕方に作業をするのです。

もちろん、炎天下でも無理して作業しようと思えばできないわけじゃないですけど、百姓仕事は「この一時に懸ける」というような仕事ではなくて、明日も明後日も、来年も再来年も続くものです。

大事なのは、自分の体を壊さないこと。

熱中症になって一日ダウンすれば一日分のおまんま食い上げです。

ロングスパンで考えて、休憩はできるだけしっかりとって、のんびり取り組む。

これはサボっているのではなくて、人間の身体はそもそも高温状態でそんなに無理ができるようにはできてないんです。

うちのあたりは盆地なので、この時期でも朝9時くらいまではもやが地域一帯にかかっているのですが、このところはさすがに湿度が低すぎるのでしょうか。近頃の猛暑においては朝の6時からさんさんと日差しが届いている状況です。

そして朝7時にもなると、もう30度を越えているという、ちょっと考えられないような状況です。

それだけ温暖化のペースが速いということなんでしょうけど、世間では「もう異常気象が常態化しているのだ」なんておどろおどろしい言い回しをしています。

まあ、確かに暑いんですけど、今すぐ死んでしまうというようなこともありませんから、ともかく生きてる間は腹をくくらなければ仕方ないわけで、ようするに休憩を増やしながらやればいいわけです。

休もう。もうこうなったら休んじゃおう!

決してサボってるわけじゃなくてね。異常気象なら異常気象なりに自分の体の使い方を変えていくことで対応していくしかないですもんね。

麦茶をたっぷり飲んで、しっかり休憩をとって、このたいへんな夏も乗り切りましょう。

レクタングル大広告




よろしければシェアお願いします!

レクタングル大広告