百姓には冬眠するタイプがあります

(´・∀・)p[☆。・:+こんにちゎ*:+:・゚☆]q

最近脂質抜きダイエットなるものをしているんですが、指先がかさかさになって困ってます。

体はぷよぷよなのに、指先はかっさかさ。

体脂肪が指先にいってくれるだけでいいのに、顔や指先だけやたらかさつくのです。

ダイエットをしている人もよく「痩せてほしくないところから痩せていく」なんて話をしますし、このへん人間の体は思うようにはいかないものですね。

調べてみると、人間は体重に合わせて一日に50~60gほどの脂質を摂取する必要があるというんですが、ぼくは今かなりきつめに脂質を制限してて、だいたい10gほどにまで落としてます。

たとえば一週間これを続けて、一日の脂質を10gほどに制限すれば、残り約50gを7日間。

つまり、350gの脂質を減らすことができるということになります。

今まで脂質なんて気にせずじゃんじゃん摂ってましたから、体がびっくりしてるんでしょうね。

必要以上に手がかっさかさで、やっぱり人間は食べるものに影響されるのだなあ、としょうもないことで感心しております。

レクタングル大広告




そして、冬眠する

ハウスがない露地百姓は、冬になると仕事がなくなってしまいます。

NHKの朝ドラの『ひよっこ』で、沢村一樹さん演じる谷田部実は、冬の農閑期になると東京へ出稼ぎに出ていました。

あのドラマは、ちょうど戦後から高度経済成長期に差し掛かる時代です。

これまでお金だとか物質的な豊かさとは縁遠かった田舎でも、文明的豊かさが半強制的に流れ込み、これまでの暮らしではまかなえない負担が生じるようになりました。一家の担い手は農閑期になると都市部の労働力として稼ぎを得なければいけなかったのです。

いろいろな観点からみる必要があるのですが、たとえば国民年金はこのころまだ発足したばかりで、当時の高齢者はまだ年金で暮らすようなことはできず、三世帯住居に暮らす場合は、大黒柱が子供だけでなく、半ば高齢者の生活の面倒もみなければならない時代でした。

女性は家事労働全般を任される時代ですが、今のような共働きが一般的な時代ではありません。一家の長に課せられた責任はたいへん重かったのです。

ところがぼくは、この時期には冬眠してます。

独り身で小回りがきく生活をしてるということもあるし、百姓スタートして間がないことを言い訳にしたり。

節約して貯金して、いずれハウスを建てて冬も百姓ができるように工夫しようとは思ってるんですけど、何せ独学の素人ですから、翌年の野菜作りの作戦をたてたり、こうやってブログを書いて将来なにかしら野菜販売の一助にしようと画策したり、そんなことをしているうちに時間はどんどん過ぎてしまいます。

そのほか、古民家に住んでいると、古民家の維持だけでもかなり負担がかかります。ワンルームマンションにでもいれば家事労働ももう少し楽だったと思いますが、妙にだだっ広い一軒家にひとりですから、生活するだけで時間がかかっている次第です。

と、言い訳をたらたらしていますが、今年はいろいろと反省点もありました。

本当は12月に入ってからももう少し収穫作業があるはずだったんですが、作戦を間違えて、なんだかんだで早めに仕事が終わってしまいました。

そんで、残ったカブでお漬物を作ったり、芽の出かかったニンニクを剥いてニンニク酢を作ったり、家に余っている野菜を利用して自分の生活を豊かにする工夫をしてます。

あと古ぼけた家ですから、玄関の上がりかまちのフローリングが痛んできたり、天井裏の掃除をしなければならなかったり、DIYの面でもいろいろやらねばならないことが山積しています。

万能浅漬けの作り方

ちょっと押し付けがましいことを書きますが、自分へのメモ帳のようなものです。

先日カブの浅漬けを作ってみて、ああこんなにかんたんなものなのか、と驚いたんですが、カブに限らずどんな野菜でも使えそうですし、誰でもかんたんに作れますから、ぜひ参考になさってください。

材料のベースは、塩、酢、砂糖、昆布だし。

これだけ。

これをまず、塩小さじ一杯をベースに、他の材料を適当に混ぜます。で、水を加えて、味見する。

当然薄いと思いますが、味のバランスをそこから整えていく。

味付けは何回か試してみて、自分の好みにしていけばいいと思うんですけど、いちばんのコツは、野菜がしっかり浸るくらい、たっぷりのおだしに漬けるような感じにすることです。

おだしはケチらずに、たっぷりなみなみにしましょう。

よく、塩と昆布だけで漬けてしまうようなレシピもありますけど、あれをやっちゃうと野菜の水分が必要以上に抜けてしまって、野菜のパリっとした食感がうしなわれてしまうんです。

でも、程よい塩気のたっぷりしたお出汁に漬けるようにすると、野菜のパリっとした本来の食感が失われることなく、美味しい浅漬けに仕上がります。

うちではハクサイの葉っぱやら、カブやら、何でもかんでもこの漬物ダシに漬けてしまって、ご飯をガツガツ食べるんですけども、脂質抜き生活をしてると、畑の野菜を食べてりゃいいんだから、金がかからなくてよいです(笑)

レクタングル大広告




よろしければシェアお願いします!

レクタングル大広告