Twitterのような、ホームページのようなブログという試み

SNSをやめて、自分は何をしたいんだろうなあ、と考えてるんですけど、考えてるだけだと考えたことがどこかへ流れていってしまうので、それを書き留めるために日記を書こうと思ったんですね。

それで、どうせやるんならTwitterの延長線にあるようなことをブログでやってみるのはどうだろうか、と思いまして、このブログはそんなぼくのアイデアを形にしてみる、ひとつの試みです。

レクタングル大広告




短文が連続するという試み

で、具体的に何がしたいのかというと、やっぱりTwitterなんですよ。

ブログというのは、ひとつのまとまった情報を発信することが求められます。「わたしはこういうテーマでお話しします!」ということが明確でないといけないし、ある程度まとまった文字数がないと、いわゆるSEOの面で不利になります。

だからブログでTwitterがやりたいといって、100文字くらいの記事をじゃんじゃん投稿するようなことをすると、「見えざる手によって評価が下がって、検索順位が下がる」という事象が起こってしまいます。


写真にひと言添えるだけで一日に何度も記事を投稿するというスタイルでブログを運営してる有名人もいますけど、ああいう人たちはスポンサーがついていますし、しかもネームバリューで客がつくという特殊な事情がありますから、あんなのと同じ土俵でブログを運営しても、
誰も来てくれません。

つまり、ぼくが海老蔵さんみたいなブログをやっても、「誰がお前に興味あんねん」といわれておしまいです。


それじゃあどんな形がいいのか、というと……というのが今ぼくがやっていることです。

連続した短文をつないでいくことで、ひとつのまとまったコンテンツにしてみたり、あるいはその都度話題をどんどん変えていきながら、ひとつのブログ記事として成立させていくというものです。


このやり方なら、ある程度読み物としてのボリュームも確保して、かつ自分の書きたいことが好きなように書くことができます。

「いいね」に縛られたり、自分の立ち位置について悩む必要もないし、ただひたすら自分の書きたいことを書くことができます。

あんまり人の反応を気にせずに好きなことが書けるというのもいいですね。


当然、Twitterから記事を引用することもできれば、画像をアップロードすることもできるわけで、表現できる幅もTwitterとほとんど変わりません。

ぼくが常々気になっていた、Twitter上での過剰な馴れ合いもここでは気にしなくていいのもたいへんありがたい。


あとこれ重要なところだと思いますけど、Twitterだと何かを書いたところで金にはなりませんけど、ここで書き続けていれば、小遣い稼ぎにはなります(笑)

たとえばここで記事をいったん公開して、増やしていくこともできる

ブログをTwitter代わりに活用していくと考える場合、この記事をいったんさっきのコンテンツまで書いたところで公開して、そこから一日、思いついたことがあれば記事の内容をどんどん増やしていくという形でリライトしていけば、やはり一日経った時点である程度コンテンツが充実した記事になっているだろうと思います。


なんだったらひとつの記事を二日かけて書いて、記事を充実していったっていいわけです。

ようは2000から3000文字程度たまった時点で記事として完成させていく、ということの連続です。


というわけで、ちょっと次の項目で雑談をしていこうと思います。

安楽死を無料化してくれたらいいのに

こんな記事がありましてね。

経産省も「老後に2900万円不足」 審議会で独自試算

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190626-00012512-bunshun-pol

 金融庁が老後に2000万円が必要だと試算した報告書をまとめたものの、担当大臣の麻生太郎副総理が受け取りを拒否した問題。経産省も、老後に約2900万円が必要だとする独自試算をまとめていたことが「週刊文春」の取材で分かった。また、この試算は最近、閲覧できない状況になっていた。

70を越えて人生に見切りをつけたい人には、無償で安楽死を選べる制度を作ればいいんじゃないの、と思うんですけどね。


ぼくはまだ40だけど、次の世代のお荷物にならずにすむ、というのであれば、70を越えてもし病気になって働けなくなったときに、もし無償の安楽死制度というのがあれば、選択肢に入れるけどなあ。
もちろん、ナーバスな問題提起であるとは思うけども。


痛みのない死には需要があるはずです。

その痛みを乗り越えても生きていたい、と思えるのは、自分がまだ社会に対して果たすべき役割がある、と思っている間であって、そういう役割が果たせないというとき、それでも生きるという選択肢と同時に、痛みのない死という選択肢があってもいいと思うのです。

レクタングル大広告




よろしければシェアお願いします!

レクタングル大広告