子供がスマホにエロ画像を保存したら即座に親にばらされるアプリ

レクタングル大広告




子どものスマホに保存されたいかがわしい画像を検出、即座に親に通知するアプリ「Gallery Guardian」

https://gigazine.net/news/20170508-gallery-guardian/

Gallery Guardianを開発したのはロンドンのスタートアップYipo Technologiesです。12歳の娘を含む4人の父親であるダニエル・スコワロスキー氏は、子どもたちが不適切な画像を共有していることを知り、セクスティングなどの被害に遭っている現状を憂いてアプリを開発したとのこと。

Gallery Guardianは画像認識アルゴリズムによって子どものスマートフォンに含まれる画像をチェックして、肌の露出、乳房、性器などからいかがわしい不適切な画像を検出します。なお、画像自体を親の端末に転送する行為は児童ポルノの共有として犯罪行為になる可能性を考慮して行わず、単にアラートを送信するのみだとのこと。アラートが届いた親は、子どもと話し合って画像を削除させることが推奨されています。


子供がエロに興味を持つことの何がどう不適切なのか、ということを考えないまま、不適切って言ってるんですよね。

セクスティングというのは、性的な発言や写真を携帯やスマートフォンに送ることをさします。


セクスティングがリベンジポルノなどにつながるから危ない、というのはわかりますが、だから子供のエロを親が監視しましょう、という発想に至るのがわからない。

ふだんから、性的な問題をオープンに話せるような空気を作り、そのときに、携帯やインターネットで性的なデータを送るようなことは危険だからしてはいけない、という教育をすればいいだけだと思うのです。


このアプリは子供の人権が蹂躙されているという批判があるようですけど、もっともだと思います。

あんまりムシ暑いと

野良仕事がイヤになりますd(・c_・`。)ネッ

ふだんなら日曜日というとどこかで草刈機がうなってるものですが、今日はどこからも聞こえないし。

トランプ米大統領、ファーウェイへの輸出を容認 禁輸見直し

https://www.cnn.co.jp/business/35139230.html

訪日中のトランプ米大統領は29日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する米政府の禁輸措置を見直し、同社への米製品の輸出を認める考えを示した。

トランプ氏は、同社との取引を容認しても米国にとって緊急の大問題にはならないだろうと述べた。

同氏は大阪市で開かれた主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に出席。この日は中国の習近平(シーチンピン)国家主席と会談し、両国間の貿易問題を協議していた。

トランプ政権は先月、米企業が政府の許可なく技術や部品を輸出できない中国企業のリストに、新たにファーウェイを追加。この措置は米中対立の焦点の一つとなっていた。


イランへの攻撃を10分前に撤回したというようなことも含めて、トランプさんの政治手法にはおよそ人間的な感じがなくて、まるで株式市場で投機を繰り返すアルゴリズムのような気持ち悪さがあります。


ヤクザみたいなやり方ですが、ひどい舌禍をまき散らして脅すだけ脅して、有利を勝ち取っていくというわけでしょう。


まあ、手法はえげつないけど、トランプさんが剛腕なのは間違いないと思います。

問題はこの人の次ですね。
しっちゃかめっちゃかになった世界をまとめることができるのでしょうか?

梅雨時の洗濯物を乾かす妙案

それにしても猛烈な湿気です。

これ、全国的にこんな湿度なんでしょうか。
まさかうちだけということはないでしょうけど(^ω^)


カビや食中毒も怖いですけど、まずこれじゃあ洗濯物が乾かないですね。いくら風があってもこの湿度ではどうしようもない。

いちおう除湿乾燥機を持ってるんですけど、この梅雨の時期と真冬で雪が降ってる時期は、何をどうやっても乾きません。


ただ今年はちょっと妙案が浮かびまして。
先日、フードドライヤーといって、食品乾燥機を買ったんです。

縦横高さ30cmほどの、コンパクトなものですが、下から空気を取り込んでそれを60度くらいの熱風にして上に回すんですね。これで食品を10時間くらいかけてカラカラに乾かすというものです。


これが、けっこう室内の温度が上がるくらい熱を持つんですが、食品が乾燥するんだから、服の乾燥にも利用しようじゃないかということで、試してみました。

3畳ほどの風呂の脱衣場を利用して、そこに洗濯物を干して、除湿乾燥機をかけます。

そして同時に、その部屋でズッキーニを乾燥させる。除湿乾燥機は8時間。フードドライヤーは10時間。

電気代はふたつ合わせても100円ほどでしょうから、回転式の衣類乾燥機と変わらないですね。


それで、結果どうなったかというと、8時間でほぼすべての服がしっかり乾きました。

除湿乾燥機の水をためるタンクには2リットル以上の水がたまっていました。

途中、室温が体感で40度以上にあがっており、これはフードドライヤーの効果だと思います。


たぶんこのやり方は、冬には室温自体が低すぎるのであまり効果がないと思うんですが、梅雨の今の時期にはもってこいですね。

服も食品も室内でいっぺんに乾燥させてしまえるというのは、なかなかのグッドアイデアだったと思います。


問題は、このやり方ほとんどの家庭で「参考にならない」ということです。

レクタングル大広告




よろしければシェアお願いします!

レクタングル大広告