カラス、なぜ鳴くの 発情するからよヽ(`Д´)ノ

レクタングル大広告




九州豪雨

ニュースみてて、「110万人に避難指示」なんて見出しで九州の大雨を伝えてるのだけど、数でインパクトを伝えるというのは、伝える側の姿勢としては安易だと思います。


いつも思うんだけど、どうしてメディアはインターネットを活用して、時間を区切りながら現在の災害情報をかんたんなアンケートにするなどして、その都度災害地域を中心に情報を集約して視聴者に公開していくということをしないのだろう。

そういうデータを中心に扱うようにして、メディアは災害現場にいる人たちに野次馬かまして、迷惑をかけるのはやめたらどうかと思うのです。


あと、豪雨災害がこれだけ身近なものになってしまったというのに、行政は「避難場所をもっと快適にする取り組み」をしようとはしていないように思えます。

やればできるはずの取り組みだと思うんですが、どうもこういう声はあげづらいというか、日本人の感覚的に後回しになりがちなのかもしれません。


過酷な場所にこそ楽しいものを、という発想は西洋からきていると思いますが、日本では根付きにくい考え方なんでしょうかね。

日本はどうしても過酷な場所ではひたすら耐え忍ぶのが正しいという方向でものを考えがちのように思えます。


ぼくのような物分かりの悪い人間は、小学校の体育館を避難先にされても、手荷物ひとつなのに冷たくかたい床の上で不安な夜を過ごすなら、危険といわれても家にいたい、という気持ちがあるわけですが、行政もメディアもそういう利便性を求める心情に触れることはなく「避難しろ避難しろ。自分の命は自分で守れ。わかりやすい避難レベルも出してやるぞ。さあ自己責任だやれ自己責任だ」とやかましく叫ぶばかりなのだから、どこまでも安易だと思います。

ようかんがうまい

先日、お茶うけのお菓子をいただいて、その中にようかんが入っていました。

漢字で書くと「羊羹」ですね。

この漢字をみて芥川龍之介は、カビが生えているように感じたようです。まあ、何となくわからないでもないなあ。


ぼくはようかん好きですが、ようかんでも、本格的なものはもう、薄いのをひと切れでじゅうぶんです。向こうが透けるくらい薄いようかんで日本茶2杯いけます。

ぼくが好きなのは、丁稚ようかんとか水ようかんですね。


丁稚ようかんは竹の皮で包まれた蒸羊羹です。水ようかんほどさっぱりはしていないけど、本格ようかんのように重くもない。

しかし「ムシ羊羹」って芥川龍之介ふうに言えば、カビとムシでいよいよヤバい感じになりますね。

えーっと、何が言いたいのかというと、ようかんはおいしくて好き、ということなんですけど、どうも最初に芥川のエピソードを出しちゃったから伝わらなくなっちゃったなあ。

Amazonで売ってる安いスマートウォッチってどうなん?

まだ検索不足でなんとも言えないんですけど、アップルウォッチみたいな、心拍数測ったりいろいろできるスポーツ用のスマートウォッチってのがあって、まあふつうは4~5万円くらいするんですが、Amazon見てたら、よくわからないメーカーのが5000円くらいで売ってるんですね。


そんで、レビューの数もすごい多いんだけど、
どうも日本語が怪しいんですよね(´・ω・`)

つまり、Amazonに掲載されているレビューも作られたものなんじゃないかな、という気がするわけです。

安かろう悪かろうならまだマシで、データ勝手に抜かれるなんてことがあったらキモチワルイしなあ。


こういうとき、G-SHOCKはいつも選択肢に入るんだけど、なんかかゆいところに手が届かないというか、もう日本のメーカーはこういうのはダメなんですかね。


で、ふと「ほんとうにぼくにそういう多機能な時計は必要なのか」ということを考えるわけです。

必要なのか?(´・ω・`)

ほんとうに必要なのか?(´・ω・`)


……まあ、今回は見送りってことで。

キャベツの収穫

4月にまいたキャベツが収穫時を迎えました。

それでさっそくお好み焼きにしたんですが、いくらがんばって食べたところでひとりじゃあ半球も消費できません。

およそ10個ほど栽培したんですが、100円の種でこれだけ作れたら上等です。(ほんとうはもっと作れましたけども)

これからしばらく、毎食キャベツが献立にのぼりそうです。

キャベツの汎用性

しかし、キャベツは一年中栽培していたい野菜だなあ。

やっぱりこの汎用性の高さはすごいです。


ざく切りにして肉と一緒に焼いて味付けするだけでも見事なおかずになるし、餃子を作るのにも使える。

お好み焼きにも必要だし、塩漬けにするだけでザワークラウトになる。

100円の種で100円のペーパーポット、土100円分と、農薬少々で、20~30球ほど育てられます。

コリアンダーも順調

ちなみに今年はコリアンダーも自家用に栽培してます。

はじめての栽培でうまくいくか不安でしたが、農薬なしで害虫の影響もなく、すなおに育ってます。

この前鶏むね肉が安かったので、これをサラダチキンにしてコリアンダーを添えて食べようかなあ、と。

バジルはやっぱりよく売れる

今年、いまいち最初の植え付けがうまくいかなくてもったいないことをしたんですが、バジルはやっぱりよく売れます。

来年はかなり積極的に栽培して直売所の新しい定番にしたいなあ、と画策中。

バジルを栽培して直売所で売ってる農家さんはこのあたりにはいなさそうなので、ある意味独壇場です。


しかし、今年やってみてわかりましたが、家庭菜園だと思って野菜を作ると、結局身が入らなくて失敗したり、中途半端な出来になることが多いので、どの野菜を作るにしても販売を視野にいれて、それなりにしっかり作ったほうがいいですね。

ぼくの場合、家庭菜園というのが甘えになってる気がするなあ。

カラスの発情期

今の時期は毎年、カラスが発情期で気持ちのわるい鳴き声をあげて、電信柱や裏山の木につがいでとまっています。

ようはカラスのあえぎ声を聞かされているという次第で、なんだかものすごく腹が立つ。

朝から晩までずっと鳴いてて、
睡眠妨害になってるの(*´・ω・`)b デスゥ♪


それで、先日サルを忌避するためにといただいたエアガンを、カラスに向けて撃ってます。

何十メートルも離れたカラスに当てるなんてとてもできないんですが、威嚇にはなるみたいで、カラスはどこかへ行ってしまいます。

ちなみにこのエアガンで使ってるBB弾は、自然に還ってくれる「バイオBB弾」なるものです。


これをしつこく繰り返していけば、カラスがこのあたりでなわばりを作ることを嫌がるのではないか、と思っているのですが、まあそのへんはわかりません。

いずれにせよ、たいへんうるさいのが迷惑です。


決して、カラスのSEXに嫉妬しているとか、そんな話ではないのです。

……・゜・(PД`q。)・゜・

レクタングル大広告




よろしければシェアお願いします!

レクタングル大広告