ぼくのアトピーが、マルチビタミンのサプリメントを飲むだけで治ったワケとは

このブログには、アトピー奮戦記というカテゴリーがあります。

ぼくはこれまでも定期的にアトピーになっていました。昔はしばらく放っておくと自然に治ってたんですが、1年前の秋ごろに猛烈な体のかゆみと皮膚の荒れによる痛みが続いて、いつまでも症状が引かず、のっぴきならない状態になりました。

もともとハウスダストアレルギーをもっていたのですが、そんなぼくが取り組んだのは以下のようなことです。

  • ステロイドクリームを塗る。
  • 風呂上りには保湿クリームも欠かさない。
  • 家中を徹底して掃除する。
  • 空気清浄機を買った。
  • 外に出るときはマスクをする。
  • 布団クリーナーを買って毎日布団のほこりを取り除く。
  • リンスや柔軟剤は静電気によるほこりの吸い寄せを防ぐというのを知って、短髪のオッサンがリンスをたしなみ、柔軟剤もしっかり使うようになる。

……われながら涙ぐましい努力をしていたと思います。

これらの努力の記録はアトピー奮戦記にあれこれと書いています。これらの記録は結果的に抜本的な解決法ではなかったものの、自分のアトピーについて多角的に考え、実践することのできた貴重な体験だったと思っています。よかったらまたヒマなときにでもご覧ください。

そんなぼくですが、今は掃除はまあふつうにやりますし、衣類の柔軟剤も使いますが、それ以外のことはさほど気にかけていません。

そこまでしなくても、アトピーの症状がすっかりおさまってしまったからです。

農繁期のいそがしさですっかり、ブログで報告するのを忘れてしまっていましたが、今日はどうしてぼくのアトピーがすっかり治ったか、ご報告したいと思います。

レクタングル大広告




マルチビタミン&ミネラル

なんと、ぼくのアトピーの原因は、ビタミン不足でした。

思い当たるフシはあります。

ぼくは若いころに大腸を切除していて、3分の1がないんですが、その腸の具合がここ最近悪くなって、それを抗生物質で散らすことが多くなったんですね。

それとアトピーの時期が重なるんです。

どうも調べてみると、腸内細菌はカラダに不足しがちなビタミンを補ってくれる働きがあるそうで、抗生物質を飲んで体の細菌を殺してしまうと、腸内細菌が生産するビタミンも不足しがちになる。

つまり、ふつうに食事をしていても、特定のビタミンが足りなくなって、カラダの不調があらわれることがあるというのです。


最初はそんなことも知らず、ずいぶん昔に、市販のアレルギールというアレルギーをおさえる飲み薬を飲むと、そのままアトピーの症状がおさまってしまったという経験があったのを思い出したんです。

不思議でしょう。

アレルギール自体は、対処療法的にかゆみを一時的におさえるだけの薬なのに、それでアトピーがおさまってしまうことがあった。

それでふと思い立って成分をよく見てみると、この薬にはビタミンB6が入っているんですね。

ビタミンB6について調べてみると、どうやら皮膚の健康と密接なかかわりがあるといいます。

ビタミンB6が不足すると湿しんなどの皮ふ炎や口内炎、貧血、脳波の異常などがおこります。ビタミンB6は腸内細菌によってもつくられることから、一般的には不足しにくいのですが、抗生剤を長期間飲んでいる人では不足することがあります。また、最近、生理前に憂うつな症状のでる月経前症候群の人では、体内でビタミンB6不足がみられたという報告もあります。

https://www.glico.co.jp/navi/dic/dic_22.html

って、もう完全にぼくの症状ドンピシャ。

貧血っぽい症状もありました。脳波は自分ではわからないけど、ふだんからちょっとぼくって頭おかしいよね、とは思ってました。

それでビックリして、ビタミンやミネラルなんて注意してなかったけど、ベースサプリメントでいろんな問題が解消するんじゃないか、と思ったんです。


それで、夏ごろからビタミンやミネラルのサプリメントをとるようにしたんですが、これがもうテキメンで、ほんの一か月もしない間に、肌がほとんど元通りに戻りました。

そこからはもうつらさがないので、意識もしなくなります。意識しない間に、すっかり元通りの肌に戻って、今にいたります。

ぼくの摂取しているベースサプリメント

ビタミンミネラルのベースサプリメントは、値段にしてみれば安いものです。

しかしそれでも、ドラッグストアのマルチビタミンとマルチミネラルを両方摂取しようと思うと、安いモノでも毎月1000円以上はかかります。

そこでぼくは、最初はドラッグストアに行って日本のブランドのものを買ってましたけど、今はインターネット通販で、アメリカのサプリメントを取り寄せています。

理由はなぜかというと、ともかく安くて、いろいろな成分が少しずつ入ってるから。

ナウフーズといって、米国のサプリメントの大手で、品質はしっかりしているようです。

これ、海外から個人輸入することになるので、送料などかかりますが、1日1粒で250粒。

なんと8か月ももちます。

それでこの価格なのだから、ひと月にかかるお金で換算したらべらぼうに安いです。

それで、ビタミンもミネラルも、その他の日常に必要な栄養素もぜんぶ含まれています。

ようするに、五大栄養素のうちビタミンミネラルに関してはこれですべてまかなえる。

以下、このサプリメントの栄養成分です。

ベータカロテン(プロビタミンA 0.6 mg)1,000 IU 20%

ビタミンA(パルミチン酸レチニル由来)4000IU 80%

ビタミンC(アスコルビン酸として)60mg 100%

ビタミンD(エルゴカルシフェロールとして)100IU 25%

ビタミンE(d-アルファトコフェリルスクシネートから)30 IU 100%

チアミン(チアミンHClから)1.5mg 100%

リボフラビン1.7mg 100%

ナイアシン(ナイアシンアミドとして)20mg 100%

ビタミンB-6(ピリドキシンHClから)2mg 100%

葉酸400mcg 100% ビタミンB-12(シアノコバラミンとして)6mcg 100%

ビオチン300mcg 100%

パントテン酸(カルシウムd-パントテナート由来)10mg 100%

カルシウム(炭酸カルシウムから)150mg 15%

鉄(アミノ酸キレートから)9mg 50%

ヨウ素(ヨウ化カリウム由来)150mcg 100%

マグネシウム(酸化マグネシウムから)75mg 19%

亜鉛(アミノ酸キレートから)15mg 100%

セレン(L-セレノメチオニン由来)35mcg 50%

銅(アミノ酸キレートから)1mg 50%

マンガン(アミノ酸キレートから)2mg 100%

クロム(AAC **から)(Chelavite(登録商標))60mcg 50%

モリブデン(モリブデン酸ナトリウムから)35mcg 47%

カリウム(塩化カリウムから)40mg 1%

ホウ素(ホウ素クエン酸塩から)150mcg

ルテイン(マリーゴールドエキスから)100mcg

リコピン(天然トマトエキス由来)100 mcg

バナジウム(バナジルスルフェートから)10mcg

その他の成分:セルロース、ステアリン酸(植物源)、ステアリン酸マグネシウム(植物源)、植物性コーティングおよびシリカ。大豆誘導体が含まれています。

さすがアメリカだと感心します。向こうは日本のように健康保険制度が整っていないこともあってか、サプリメントの需要が高く、高品質で低価格なものが提供されているようです。

ただ、こちらもアメリカならではだと思いますが、ひと粒の錠剤がかなりでかいです。

のみづらいと思う人もいると思いますが、カプセルではなくて圧着して固めたような錠剤になっていますから、ピルカッターなどで半分に切って飲むのもいいと思います。

あと、ふだんからビタミンミネラルが不足しがちなぼくのような特殊なケースはともかく、健康な人であれば2~3日に1錠飲む程度でじゅうぶん健康の維持は図れると思います。

そうすると、一本で一年以上はもちますなあ(笑)

と、ひさしぶりにアフィリエイトをしてみたわけですが、これはテキトーに伝えてるのではなくて、マジメに自分の生活の質を高めてくれているので、ふだんもし食生活の偏りがあって心配だとか、原因のよくわからない体調不良があったりなさるなら、こういった基本的なところから対策してみるのもいいと思いますよ。

レクタングル大広告




よろしければシェアお願いします!

レクタングル大広告