貧弱ブロガーがより能力の高いレンタルサーバーへの引っ越しどきについて考えてみた

このブログはロリポップというレンタルサーバーのライトプランを利用し、ムームードメインでドメインを取得しています。

ブログの仕組みを知らない人にとっては、なんじゃそりゃ、って話ですよね。別にロリコンの話をしているわけでもなければ、ハワイの衣装のムームーの話をしているわけでもありません。

あくまでブログの作り方の話です。

ごくかいつまんで説明すると、ぼくはこのブログを運営するにあたってサーバー代を出しているけれど、「いちばん安いプラン」を利用しているということです。

そして今日は、ぼくのような弱小ブロガーはいつ、より能力能力の高いサーバーを利用すべきなのだろうかということを考えてみたいのです。

レクタングル大広告




順を追って話しましょう

インターネットでブログを公開しようとすると、まず選択肢にあがるのが、無料のブログサービスを利用することです。

たとえば、「FC2」とか、「ライブドア」とか、「はてな」など、ブログサービスを独自で提供している企業があるんですね。

そういう企業でIDを作って登録してブログを始める、というのがひとつの方法。

今紹介したような有名な企業になると、おなじブログサービス内でのブロガー同士の交流がさかんに行われていますから、ほかのブロガーさんとつながりを持つときのハードルも低くなっています。

でもそういったブログサービスでは、自分のブログコンテンツを企業に預けてしまうことになります。そのためデメリットも存在するんですね。

たとえば広告が貼れないとか、アフィリエイトができないとか、テンプレートをいじるのに制限があるとか、ドメインが利用できないとか、サービスを提供する企業ごとにさまざまな禁止事項があります。また企業側の都合でサービスのあり方が変えられてしまったり、サービスそのものが打ち切られてしまう可能性もあります。

そこで、インターネット上の居場所となる「サーバー」を有料で借りて、自分でブログを立ち上げることがブログ運営のもうひとつの手段となります。

少し余談ですけど、サーバーを借りるのはいいけどどうやってブログを作ればいいの? と思われるかもしれません。

この場合Wordpressと言って、それ専用のしっかりした無料ソフトウェアがあります。今やブログ制作システムの大定番といっていいでしょう。うちもWordpressを利用してブログを書いています。

昔はMovable Typeといったコンテンツ管理システムも利用されていましたけど、今はレンタルサーバーでブログを書く人の大半がWordpressを使っている印象です。

WordPressはサーバーをレンタルした時点でたいていはカンタンに導入できるようになっていると思います。

このWordpressの使い方の話になると、おそろしく長くなるので、またいずれ。←たぶんやらない。


さて話を戻して、無料ブログサービスと有料ブログの違いなんですけどね。

これはたとえるなら、企業の提供している無料ブログサービスは社宅の集合団地のようなもので、レンタルサーバーを利用してブログを始めるのは賃貸の一軒家のようなもの、ということになるでしょう。

有料サーバーでブログを始める場合のメリットは、企業からの制約なくブログ運営を楽しむことができることですね。広告を貼るのも、商売をするのも基本的に自由です。

またブログのデザインなどの構築も自由です。Wordpressであれば無料のものから有料のものまで、SEO対策のしっかりしたブログテーマが多数配布されています。

デメリットはやっぱり、サーバーの維持にお金がかかること。といってもサーバーを提供する側も商売ですから、これは本来メリットでもデメリットでもないごく当たり前の話です。

あと、ブログを運営する企業に所属しないので、ほかのブロガーとつながりを持ちたい場合はハードルが高くなります。

有料サーバーを使う場合は、単なる自己表現の場だけではなく、サーバー代をペイするための収益化も視野にいれるのが一般的だと思います。

レンタルサーバーの種類

ぼくなんて吹けば飛ぶような零細貧弱個人ブロガーで、今月はようやく初めて、最低単位のお札一枚分の広告収入が得られましたが、それじゃあ一般的なレンタルサーバーでは利用料金ですら赤字になります。

これ、当然広告収益が入ってこない間はずっと赤字なんですよね。

収益の見込みもないときに毎月サーバー代で1000円支払うのはけっこうキツイし、もしそんなプランしかなかったら、ぼくはいまだにブログ運営をしてなかったと思います。

なのでぼくとしてはブログを始める際に格安サーバーのロリポップが存在したことはとてもありがたかったのです。

さっきも言いましたけど、ふつうのレンタルサーバーは、基本的に利用しやすいプランでもだいたい月に1000円ほどの費用がかかります。

これは高価な分、処理能力や表示速度が高く、複数のブログを安定して高速表示できるという点ですぐれています。

ロリポップも他社と同様の多機能で高速サーバーを利用する場合は他社と同じくらい費用がかかりますが、格安プランも存在しています。

ロリポップのライトプランだと月額約250円。この額だと収益が見込めない間も負担が少なくて助かります。

そのかわり、Wordpressを格納しておけるMySQLがひとつなので、基本的にはブログの運営もひとつが望ましいということになります(複数のブログ運営もできますが、サイトの表示速度が落ちたり、サイトそのものが落ちやすくなったりするそうです)。

ぼくが運営してるブログはこれひとつだし、1日に1000アクセスもない状況だとほとんど問題がないみたいですね。

けれど、いずれアクセスが増えてきたときには、サーバーの引っ越しも考えたほうがいいようです。

じゃあ、どれくらいが引っ越し時なのか

調べてみたんですが、だいたい月に10万PVくらいになったら、より能力の高いサーバーの引っ越しを検討するのがいいみたいですね。

一日でならすと、3000~4000PVほど。

それだけPVが稼げるアクセスになると、収益も今の10倍ほどになっているでしょうから、より処理能力の高い高価なサーバーに乗り換えても、じゅうぶん利益が出るということになります。

逆にアクセスが増えているにも関わらず、安いサーバーのままケチっていると、閲覧の際の負荷で表示が遅くなり、結果不利益につながってくるのだそうな。

「またまた~。そんな、ちょっと表示速度が落ちるくらいたいしたことないでしょ」

と思うかもしれません。ぼくもそう思ってたんですが、これがそれなりに影響があるらしい。

どうやらユーザーは無意識的に表示速度の遅いページを避けているようで、コンマ秒遅いだけでもストレスを感じて、そのページを閲覧するのをやめてよそに行ってしまうことがあるそうです。

サーバーの処理速度でどらくらい収益性が改善するのか

気になりますよね。

調べてみたんですけど、商用サイトの場合、表示速度が変わることで最大で25パーセントほど収益性が改善するんだそうな。

もちろんこれは「最大で」という話です。

とことん表示速度の遅いウェブサイトが、とことん表示速度の高いウェブサイトとなった場合25パーセント改善するのであって、実際にはもっと収益性の変化の幅は低いようです。

そこでもう一度、乗り換えのタイミングについての話

ウェブサイトの表示速度が変わると収益性も変わるということを踏まえて、ぼくが今使っているライトプランのサーバーは月250円で、処理能力の高いサーバーのプランは月1000円。

つまりうちの場合。

最低限この差額の750円が、サーバーを変更して生じる最大25パーセントの利益から捻出できるくらいの規模のサイトになるまでは、引っ越しの必要はないということになります。

仮に少なく見積もって10パーセント収益性が改善するとした場合、750円を差額で稼ごうと思ったら、少なくとも月7500円は稼げるサイトになる必要があります。

逆にいえばサーバーの能力が低くても、収益が7500円より手前の規模だと格安サーバーで運営していたほうが支出が少なくてオトクということですね。

なんとなくですけど個人的には、目安として収益が月1万円を超えてくるあたりで、満を持して乗り換えるのがいいかな、と思ってます。

そうすると、さっきも言ったんですが、やっぱり1日あたり3000PVくらいが引っ越しを検討しはじめる目安になってくるかと思います。


少し視点を変えましょう。

今サーバーからは50ギガバイトの容量をもらってるんですけど、うちが今使ってるのはそのうちのたった2パーセントです。

文章主体のブログですから、Wordpressそのものがいちばん容量を食ってる状態です。

ちなみにひと文字3バイトとして、記事を10000文字書いたって、30キロバイト。

いつになったら50ギガバイト埋まるんだという話ですよ。

50ギガバイトというと、約50000000000バイトです。500億バイト。

これをひと文字3バイトとして計算すると、ごく大雑把にいって約16000000000文字。

160億文字!!

……。

絶対無理! 一生かけてもそんなに書けない! ネバーエンディングストーリー!

毎日たゆまず1万文字ずつ書き続けても、160万日かかります。

ぼくがあと4000年以上生きないと達成できません。

ほかの画像とかその他容量を考えたとしても、文字主体のブログだとおそらく一生かかっても消費し尽くせない容量なんです。

なので、ぼくのようなブログ運営スタイルの場合は、当面このままでなんの問題もなし!(笑)

ある程度アクセスが上がって、収益もしっかり見込めるようになって、コンテンツが充実してきたころに、満を持してサーバーのグレードアップを図るというのが現実的なのかな、と思ってます。

今はまだ、ぜんぜんですね。

今もし上位のプランに変更する必要があるとすれば、あたらしいブログを立ち上げたいとか、サーバーに負荷のかかるコンテンツがやりたい、といったところでしょうか。


さて、今回の記事はぼくがぼく自身の考えをまとめるために書いたもので、お世辞にも読みやすいものではないと思いますが、零細ブロガーはこんなことで悩んでるんだな、という参考にはなるかと思います(笑)

今回の記事は、4000文字ちょっと。50GBまでは遠いなあ(笑)

レクタングル大広告




よろしければシェアお願いします!

レクタングル大広告