熊も渋柿を食わずに甘柿を選んで食べるという話

野菜を収穫したあとに、ちょっとご近所さんに野菜をおすそ分けに行きました。

このご近所さんはじぶんの親より少し若いくらいの先輩で、もうずいぶん長い間ご無沙汰していたんですが、地元では中核を担うような人で、これまでもずいぶんお世話になっています。

で、久しぶりにお会いしてお元気な様子がみられて安心したんですが、そのときに仲間の方もご一緒で、近所の獣害の話などしておられました。

野菜をお渡しして少し会話に参加すると、せっかく植えたタマネギがシカにめちゃくちゃにされた人がいるとか、クマが出るとシカやイノシシは嫌がって近くには出なくなる、クマはそんなに冬の野菜を荒らしたりしないから、こういうことは良し悪しだというようなことを話してらっしゃるんですね。

レクタングル大広告




クマは栗の木にのぼって栗を食う

で、そんな中で、クマは栗が生る時期になると、栗の木にものぼってめちゃくちゃにする、という話をうかがったんです。

ぼくはクマは柿の木にのぼるのは知っていたけど、あんな素手で触ったら血だらけになるようなトゲトゲの栗が生ってる木の上にまでのぼるのかと驚きました。

人間のようなやわな皮膚をしていないから、気にならないんでしょうかね。

そういえばずいぶん昔、冬になる前、裏山に行くとクマの糞を見つけたことがありました。

このあたりに出るのはツキノワグマですが、糞のでかさにまず驚きます。

きたないたとえで申し訳ないですけど、ラーメンどんぶりに山盛りくらいの量の糞がどんと置かれてあるわけです。

およそ人間が山ほどうんこをしてもここまでの量にはならなくて、ああいうのをみると、これは人間の本能なんでしょうか、こわくなるんですね。

どんな化け物がいるんだろうか、という思いに駆られるほどの巨大な糞に驚いたんですが、それ以上に驚いたのが、糞の中に栗の皮が混じっていたことでした。

クマは、栗の皮をむかずにそのまま食べる

まあ、当たり前っちゃ当たり前なんですけど、クマってあのトゲトゲだけむいたら、あとは皮のついたまま栗をむさぼるんですね。

人間がそんなことをしたら、おなかが痛くなって七転八倒するんじゃないでしょうか。やったことないからわからないけど、ろくなことにならない気がします。

でもクマはそうやって栗を食べて、それで未消化のままの皮を糞として排泄する。

ちゃんと、皮を歯で噛み砕いてるので、寸断された皮が混じってて、あれにも怖気だちました。

「ああ、こんな化け物を前にしたらどうしようもねえや」

糞を見ただけで死を覚悟するほどです。

あと、これもずいぶん昔に聞いた笑い話というかこわい話というか、「クマは引き戸くらいなら開けるぞ」というのがあります。

実際開けることはできるんだそうですが、100kgを超えるようなクマが家に侵入してきたら、と想像するだけでイヤになりますね。

それで、ご近所さんの話に戻りますが、クマも最近はずいぶん美食になって、渋柿は食べずに甘柿を選んで食べるのだそうです。

まさかそこまで分別するんだろうか、と思いますが、それだけ人里との境界があいまいになったということなんでしょう。

クマが平気で人里に来て、おいしい柿の味をおぼえたものだから、山に自生してる渋柿よりも甘柿のほうがいいと思うようになった。

栗を皮ごと食べるような連中が、そんなことは気にするのだなと思うと、笑いそうになりますが、反面、いまどきは宅地で柿の実を放置してるとクマをカンタンに呼び寄せてしまうということでもありますから、こわい話です。

ちなみに我が家も家からほんの数十メートル離れたところにある柿の木にクマがのぼって、枝がめちゃくちゃにされたことがあります。

経験済みなんだなあ(笑)

レクタングル大広告




よろしければシェアお願いします!

レクタングル大広告