一日なにがあったか思い出せないような日

今朝も配達。

去年はこの時期には収穫が終わってしまっていたので、今年は課題があったとはいえ、販売機会を逃さずやれてると思います。

昨日、少しカブの値段を下げて出荷したのですが、それがぜんぶ売れてて、ホッとしました。今日出荷したのはさらに安値ですが、じつはそのぶん少し量を減らしているので、差し引きすれば以前とそんなに変わりません。

じゃあなんでおとといはあんなに売れ残りが出たのだろう、と不思議ですが、おそらく複合的な要因でしょうから、あんまり憶測に時間をさいてもしょうがないですね。

今日も収穫したんですが、売れ残りが出てもいいので、いつもより3割ほど多めに収穫してみました。

もしかしたら、直売コーナーの冬野菜出荷のピークを越えているんじゃないかな、と思ったのです。まあ、売れ残りが出たら、昨日返ってきた食品乾燥機を使って乾燥させてしまいます。

カブの葉も、じゃこと一緒にふりかけにしてしまおうと思っています。

「売れ残りが出てもいい」といって収穫できるのは気分がいいものです。

レクタングル大広告




今日はなにをしたっけな

たまにあります。一日なにをしたかさっぱり思い出せないような日が。

今日は、朝配達を終えてから、ずーっと考え事をしてたんです。もう行き詰まるだけ行き詰まってるんですが、こういうときにはもう神経衰弱になってもともかく考えることでしかラクにならないとわかってるので、考える。

人づきあいのない暮らしをしてるので、考え事がはじまると止まりません。

そんなことをしてると、あれ、夕方までになにをしたっけな、と思い出せなくなった次第で。

思い出せた

ああ、そうだ。まず朝はブログを2本更新したんですよ。

ほんとうはもうちょっとしっかり手を加えたい記事もあったんですけど、とりあえず後日リライトで対応しようと決めて投稿。

それから掃除洗濯、カブの収穫、袋詰めでしょう。

あとそうそう、原木シイタケが上がってるかもしれないと思って裏山に行きました。

4本ほどシイタケが上がってたんですけど、もう傘の部分がホットケーキくらいの大きさになってるようなのばかり。こんな量と質だと売るわけにもいかないので、これはいま乾燥機にかけてます。

乾燥シイタケは、冬の間、鍋の出汁の素としてたいへん重宝します。

乾燥シイタケと鶏肉があれば、あとは塩だけでじゅうぶんスープになるのだからありがたい。

ご近所さんの原木にはなめこが山ほど上がってました。あんなにヌメヌメなのを、どうやって上手に収穫するんだろう。

ちょっとまちがったら、木くずがついちゃって取るのがたいへんそうです。

それらの作業を終えたら、気が向いたので今日は薪ボイラーで風呂をわかします。

まだ気温が10度前後あるので、少ない木材で沸いてくれます。

そんで風呂に入って、夕食を食べて、今はぼんやりしてるところです。

お酒飲もうかなあ、どうしようかなあ、と考えてるんですが、さあどうするか。

と、今日の日記はこのへんにしときましょう。明日は集落の集まりで、昼から酒盛りです。

レクタングル大広告




よろしければシェアお願いします!

レクタングル大広告