修理から返ってきて一週間経たずに食品乾燥機が故障した件

ぬああああああああ!!

ああ、どうも、田中です。

表題を見ていただければおわかりいただけると思うのですが、つい先日故障して、ようやく返ってきた食品乾燥機が、まったく同じ形でまた故障しました。

ドライフードメーカーが半年待たずに壊れた件

故障した食品乾燥機を修理に出したら、新品になって返ってきた件

もうぼくは、再度修理に出すということはせず、この乾燥機は捨てようと思ってます。

というのも、この製品、場合によっちゃ火災の危険にもつながるんじゃねえか? と思ったからです。

新品に交換してもらったにもかかわらず、まったくおなじ形で一週間待たずに壊れたというのは、あまりにも異常でしょう。

この製品、サーモスタットで温度を制御して、ファンで回して食品を乾燥させるもので、利用している間ずっと乾燥機の近くにいるわけではありません。

当然乾燥させている間に外出したりもします。

熱を使う製品である以上、こういう故障が続くのってなんとなく怖いな、と思ったわけです。

はーあ。先週から故障続きで、トイレまで故障したときに、こういうのって続くからなあと思って漠然とした恐怖をおぼえたものですが、やっぱりこんなことになっちゃうんだなあ。

ほんとうにこういうのは、続くときは続くんですよ。ああ、おそろしい。

でもまあ気持ちを切り替えないと仕方ないですね。

それで乾燥機が故障しても、今の時期、いろいろと畑の食材を乾燥させたいしなあ。と考えたぼくがとった作戦。

レクタングル大広告




シンプルにストーブと空気清浄機で強制乾燥させちまおう

夏だったら衣類除湿器と扇風機だけでどうにかなると思うんですけど、冬はさすがにそうもいかないので、ストーブを出しました。

それで服の室内干しをする専用の物干しを部屋にもってきて、家にあった干し網をふたつ使って大根4本ぶんを一気に乾燥します。

干し網の真下に空気清浄機を置いて、風力を中にするとサーキュレーターくらいの風力にはなるし、出てくる空気は当然きれいなほうがよいです。

ストーブをつけるかわりにこたつの電気は消して、少しでも電力節約。

とりあえずこれで大根がどんなふうに仕上がるか、様子をみてみようと思います。

まあ、ダメだったら……来年の冬までにちゃんとした乾燥機を検討しよう。

レクタングル大広告




よろしければシェアお願いします!

レクタングル大広告